2012年6月現在

7月8日(日)  7月9日(月) 7月10日(火)

教育セミナー

■海外招聘者
 K.J.S. Anand(U.S.A)
 ・教育セミナー1「Love, pain, and intensive care」
 ・招請講演1「Developmental implications of fetal or neonatal pain」
 ・シンポジウム7「NICUにおける疼痛対策」
  ※いずれの講演も照井克生先生(埼玉医科大学総合医療センター)が解説をいたします。

 Nalini Singhal(Canada)
 ・招請講演4「Neonatologist's Role in Millennium Development Goal:
        Decreasing Neonatal Mortality」
 ・Helping Babies Breathe (HBB) マスタートレイナーコー ス【事前申込制】
  ※申し込みは締め切っております

 Phyllis A. Dennery(U.S.A)
 ・招請講演5「The Dual Nature of Oxygen in Neonates」

 Ahm Kim(Korea)
 ・招請講演2「The effect of the mode of delivery at term on maternal and
        neonatal outcome in women aged 35 or older」

 Julian Archer(UK)
 ・アーリーバードセミナー「Assessing doctors across the continuum:
              the UK story so far」

 國井修(Somalia)
 ・招請講演9「国家救援医−ソマリアの地で感じること」
 ・サテライトシンポジウム2 
   国際小児保健医療協力入門セミナー10周年記念「羽ばたこう,国際保健医療協力へ」

 Douglas McMillan(Canada)
 ・Helping Babies Breathe (HBB) マスタートレイナーコー ス【事前申込制】
  ※申し込みは締め切っております

【会長講演】
■演題名:「新生児蘇生法普及事業の現状と課題」
 演者:田村 正徳(日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法委員長,
          日本救急医療財団日本版救急蘇生ガイドライン策定委員,
          日本蘇生協議会新生児担当理事,
          国際蘇生連絡委員会新生児部会タスクフォース委員)
 座長:戸苅  創(名古屋市立大学)

【特別講演】
■演題名:「今こそ,すべての子らにまるごと抱きしめる愛を」
 演者:柳田 邦男(ノンフィクション作家、評論家)
 座長:田村 正徳(埼玉医科大学総合医療センター小児科)

■演題名:「日本の周産期・新生児医療が抱える課題とその解決に向けて」
 演者:藤村 正哲(大阪府立母子保健総合医療センター名誉総長)
 座長:中村  肇(神戸大学名誉教授)

【招請講演】
■演題名:「Developmental implications of fetal or neonatal pain」
 演者:K.J.S. Anand(Department of Pediatrics Le Bonheur Children's Hospital)
 座長:照井 克生(埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター産科麻酔科)

■演題名:「The effect of the mode of delivery at term on maternal and neonatal
      outcome in women aged 35 or older」
 演者:Ahm Kim(department of Obstetrics & Gynecology, College of Medicine,
          University of Ulsan, Asan Medical Center)
 座長:岩下 光利(杏林大学医学部産科婦人科)

■演題名:「周産期の画像診断:放射線科医の役割」
 演者:野坂 俊介(国立成育医療研究センター放射線診療部)
 座長:名取 道也(国立成育医療研究センター研究所)

■演題名:「蘇生法(教育法)と被災地への支援」
 演者:Nalini Singhal(Department of Pediatrics, University of Calgary)
 座長:仁志田博司(東京女子医科大学名誉教授)

■演題名:「The Dual Nature of Oxygen in Neonates」
 演者:Phyllis A. Dennery
    (Pediatrics, Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania)
 座長:藤村 正哲(大阪府立母子保健総合医療センター名誉総長)

■演題名:「周産期医療における職種を超えた協働」
 演者:三輪百合子(長野県看護協会)
 座長:内田美恵子(埼玉医科大学総合医療センター)

■演題名:「周産期のいのちと健康を守るー産科・助産・小児科の仕事に国境はない」
 演者:中村 安秀(大阪大学大学院人間科学研究科国際協力学)
 座長:多田  裕(東邦大学名誉教授)

■演題名:「HFOから在宅医療支援システムまで」
 演者:トラン・ゴック・フック(株式会社メトラン)
 座長:宮坂 勝之(聖路加国際病院周術期センター)

■演題名:「国家救援医−ソマリアの地で感じること」
 演者:國井  修(ユニセフ・ソマリア支援センター保健・栄養・水衛生支援事業部)
 座長:森脇 浩一(埼玉医科大学総合医療センター小児科)

【アーリーバードセミナー】
■演題名:「Assessing doctors across the continuum: the UK story so far」
 演者: Julian Archer(Institute of Clinical Education, Peninsula College of Medicine
            and Dentistry, University of Plymouth)
 座長:森 臨太郎(国立成育医療研究センター研究所成育政策科学研究部)

【日本赤十字社共催講演】
■演題名:「周産期・新生児医療で使用される主な血液製剤とその供給体制」
 演者:五十嵐 滋(日本赤十字社血液事業本部)
 座長:小泉 武宣(群馬県赤十字血液センター)

【教育講演】
■演題名:「周産期の‘うつ’に関した最近の話題」
 演者:岡野 禎治(三重大学保健管理センター/大学院医学系研究科環境社会医学講座)
 座長:佐川 典正(洛和会音羽病院総合女性医学健康センター)

■演題名:「国際的視野から見た日本の周産期医療の課題」
 演者:森 臨太郎(国立成育医療研究センター研究所成育政策科学研究部)
 座長:楠田  聡(東京女子医科大学母子総合医療センター新生児部門)

■演題名:「妊娠糖尿病」
 演者:平松 祐司(岡山大学医歯薬学総合研究科産科・婦人科学教室)
 座長:関  博之
    (埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター母体胎児部門)

■演題名:「産科医療補償制度―再発防止委員会から―」
 演者:池ノ上 克(宮崎大学医学部生殖発達医学講座産婦人科学分野)
 座長:岡井  崇(昭和大学医学部産婦人科学教室)

■演題名:「周産期医療における遺伝学的診断」
 演者:齋藤 伸治(名古屋市立大学大学院医学研究科新生児・小児医学分野)
 座長:千田 勝一(岩手医科大学医学部小児科)

■演題名:「Bayley式発達評価法を用いたフォローアップの重要性」
 演者:田中 恭子(順天堂大学医学部小児科)
 座長:上谷 良行(兵庫県立こども病院救急集中治療科)

■演題名:「新生児から始まる在宅医療支援」
 演者:前田 浩利(子ども在宅クリニックあおぞら診療所墨田)
 座長:梶原 眞人(愛媛県立中央病院)

■演題名:「妊娠高血圧症候群の病因•病態論とそのピットフォール」
 演者:関  博之
    (埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター母体胎児部門)
 座長:竹田  省(順天堂大学医学部附属順天堂医院産科・婦人科)

■演題名:「周産期麻酔の最近の話題」
 演者:照井 克生(埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター産科麻酔科)
 座長:馬場 一憲
    (埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター母体・胎児部門)

■演題名:「胎児エコーの最近の話題」
 演者:馬場 一憲
    (埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター母体・胎児部門)
 座長:藤森 敬也(福島県立医科大学産婦人科)

■演題名:「タンデムマス法を導入した新生児マススクリーニングの新時代」
 演者:山口 清次(島根大学医学部小児科)
 座長:中尾 秀人(兵庫県立こども病院周産期医療センター新生児科)

■演題名:「新しい「学び」のカタチ −新生児蘇生法講習を例に−」
 演者:加部 一彦(愛育病院新生児科)
 座長:加藤 稲子(埼玉医科大学総合医療センター新生児科)

■演題名:「超低出生体重児の消化管穿孔の病因と病態」
 演者:窪田 昭男(大阪府立母子保健総合医療センター小児外科)
 座長:田口 智章(九州大学大学院医学研究院小児外科)

【シンポジウム】
■テーマ:「産科出血の問題を探る」
 座長:竹田  省(順天堂大学医学部附属順天堂医院産科・婦人科)
    金山 尚裕(浜松医科大学産婦人科学)
 演者:松永 茂剛(埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター)
    林  周作(大阪府立母子保健総合医療センター産科)
    山本 晃士(名古屋大学医学部附属病院輸血部)
    橋口 幹夫(沖縄県立中部病院総合周産期母子医療センター産科)
    照井 克生(埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター産科麻酔科)

■テーマ:「HTLV-I母子感染」
 座長:板橋家頭夫(昭和大学医学部小児科学講座)
    齋藤  滋(富山大学大学院医学薬学研究部産科婦人科)
 演者:齋藤  滋(富山大学大学院医学薬学研究部産科婦人科)
    森内 浩幸(長崎大学医学部小児科学教室)
    板橋家頭夫(昭和大学医学部小児科学講座)
    田中 政信(東邦大学医療センター大森病院産婦人科(日本産婦人科医会))
    井本 寛子(日本赤十字社医療センター看護部)
    三平  元(厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課)

■テーマ:「新生児科医のためのTAM診療ガイドライン」
 座長:林  泰秀(群馬県立小児医療センター)
    伊藤 裕司(国立成育医療研究センター周産期センター)
 演者:菊地  陽(帝京大学医学部小児科)
    伊藤 悦朗(弘前大学医学部小児科)
    塚本 桂子(国立成育医療研究センター新生児科)
    朴  明子(群馬県立小児医療センター血液腫瘍科)

■テーマ:「先天性腹壁異常の最新治療」
 座長:前田 貢作(自治医科大学小児外科)
    小高 明雄(埼玉医科大学総合医療センター肝胆膵外科・小児外科)
 Key note:前田 貢作(自治医科大学小児外科)
 演者:臼井 規朗(大阪大学小児成育外科)
    齋藤  武(千葉大学大学院医学研究院小児外科学)
    木下 義晶(九州大学大学院医学研究院小児外科学分野)
    岡和田 学(順天堂大学小児外科・小児泌尿生殖器外科)
    千葉 敏雄(国立成育医療研究センター臨床研究センター)

■テーマ:「NICUと産科施設での予防接種による感染対策」
 座長:北島 博之(大阪府立母子保健総合医療センター新生児科)
    齋藤 昭彦(新潟大学大学院医歯学総合研究科小児科学分野)
 Key note:齋藤 昭彦(新潟大学大学院医歯学総合研究科小児科学分野)
 演者:花岡 正智(国立成育医療研究センター産科)
    堀越 裕歩(東京都立小児総合医療センター感染症科)

■テーマ:「常位胎盤早期剝離の臨床的諸問題の解決に向けて」
 座長:中林 正雄(母子愛育会愛育病院)
    松田 義雄(東京女子医科大学母子総合医療センター)
 演者:川名有紀子(母子愛育会愛育病院産婦人科)
    菅原 準一(東北大学医学部附属病院周産母子センター)
    吉里 俊幸(福岡大学病院総合周産期母子医療センター)
    三谷  穣(東京女子医科大学産婦人科学講座)
    中井 章人(日本医科大学産婦人科)
    清水 正樹(埼玉県立小児医療センター未熟児新生児科)

■テーマ:「NICUにおける疼痛対策」
 座長:側島 久典(埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター)
    横尾 京子(広島大学大学院医歯薬保健学研究院)
 コメンテーター:照井 克生
         (埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター産科麻酔科)
 Key note:横尾 京子(広島大学大学院医歯薬保健学研究院)
 演者:K.J.S. Anand(Department of Pediatrics Le Bonheur Children's Hospital)
    福原 里恵(県立広島病院新生児科)
    小澤 未緒(広島大学大学院医歯薬保健学研究院助産・母性看護開発学)

■テーマ:「24週未満に対する治療戦略」
 座長:岡井  崇(昭和大学医学部産科婦人科学教室)
    渡辺とよ子(東京都立墨東病院周産期センター新生児科)
 演者:國方 徹也(埼玉医科大学総合医療センター新生児科)
    金井 雅代(埼玉医科大学総合医療センター新生児科)
    大木  茂(聖隷浜松病院総合周産期母子医療センター新生児科)
    井上成一朗(埼玉医科大学総合医療センター肝胆膵外科・小児外科)
    石井 桂介(大阪府立母子保健総合医療センター産科)
    田中  基(埼玉医科大学総合医療センター産科麻酔科)

■テーマ:「ハイリスク児の発達評価法」
 座長:藤村 正哲(大阪府立母子保健総合医療センター)
    鍋谷まこと(淀川キリスト教病院小児科)
 Key note:田中 恭子(順天堂大学医学部小児科・思春期科学教室)
 演者:河野 由美(自治医科大学小児科学教室)
    金  漢錫(ソウル大学小児病院)
    中澤  潤(千葉大学教育学部幼児心理学研究室)
    岩田 欧介(久留米大学医学部小児科学教室)

■テーマ:「内分泌機能に大きく依存する新生児の循環調節」
 座長:楠田  聡(東京女子医科大学新生児科)
    河井 昌彦(京都大学医学部附属病院小児科)
 演者:河井 昌彦(京都大学医学部附属病院小児科)
    中西 秀彦(東京女子医科大学母子総合医療センター新生児部門)
    岡田純一郎(聖マリア病院新生児科)
    松田  直(東北大学病院周産母子センター新生児室)
    豊島 勝昭(神奈川県立こども医療センター新生児科)

■テーマ:「小児在宅医療支援に向けた体制整備」
 座長:前田 浩利(子ども在宅クリニックあおぞら診療所墨田)
    梶原 厚子(訪問看護ステーションそら)
 演者:梶原 厚子(訪問看護ステーションそら)
    佐久間 敦(厚生労働省医政局指導課救急・周産期医療等対策室)
    鶴田 志緒(東京女子医科大学東医療センター新生児科)
    奈須 康子(東京小児療育病院地域支援部小児科)
    船戸 正久(大阪発達総合療育センター小児科)

■テーマ:「社会的リスクのある周産期医療」
 座長:関  博之
    (埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター母体胎児部門)
    松下 竹次(国立国際医療研究センター病院小児科)
 演者:永野 智子(熊本市役所子ども未来局子ども支援部子育て支援課)
    福井谷達郎(さいたま市立病院産婦人科周産期母子医療センター)
    細川 真一(国立国際医療研究センター新生児内科)

■テーマ:「先天性横隔膜ヘルニア診療の施設間差異とそれぞれの質向上を目指して」
 座長:田口 智章(九州大学大学院小児外科学分野)
    豊島 勝昭(神奈川県立こども医療センター新生児科)
 演者:田中  基(埼玉医科大学総合医療センター産科麻酔科)
    臼井 規朗(大阪大学小児成育外科)
    永田 公二(九州大学大学院医学研究院小児外科学分野)
    稲村  昇(大阪府立母子保健総合医療センター小児循環器科)
    山口 直人(神奈川県立こども医療センター新生児科)

■テーマ:「世界に発信するNCPR」
 座長:田村 正徳(埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター)
    佐橋  剛(一宮市立市民病院小児科)
 演者:嶋岡  鋼(国際医療福祉大学病院小児科あかちゃんセンター)
    齋藤  誠(NCPR eラーニングワーキンググループ/筑波大学医学医療系小児内科)
    島袋 林秀(聖路加国際病院小児科)
    細野 茂春(日本大学医学部小児科学系小児科学分野)
    杉浦 崇浩(静岡済生会総合病院新生児科(小児科))
    栗田 真貴(日本周産期・新生児医学会事務局)

■テーマ:「低体温療法の登録事業」
 座長:早川 昌弘(名古屋大学医学部附属病院周産母子センター)
    渡部 晋一(倉敷中央病院総合周産期母子医療センター)
 演者:鍋谷まこと(淀川キリスト教病院小児科)
    清水 正樹(埼玉県立小児医療センター未熟児新生児科)
    渡部 晋一(倉敷中央病院総合周産期母子医療センター)
    茨   聡(鹿児島市立病院総合周産期母子医療センター新生児科)
    側島 久典(埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター)

【ワークショップ】
■テーマ:「個々の臓器循環に着目した循環管理」
■テーマ:「Skin to Skin ケア」
■テーマ:「産科を交えた臨床心理士の周産期へのかかわり」
■テーマ:「古くて新しい問題、核黄疸 -UB(アンバウンドビリルビン)を中心に」

【公開シンポジウム】
■テーマ:「東日本大震災の教訓」
 座長:海野 信也(北里大学病院産科)
    和田 和子(大阪大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター新生児科)
 演者:久保 隆彦
    (国立成育医療研究センター周産期センター産科/
     日本周産期・新生児医学会東日本大震災対策委員会担当理事)
    和田 和子(大阪大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター新生児科)
    小笠原敏浩(岩手県立大船渡病院産婦人科)
    渕向  透(岩手県立大船渡病院小児科)
    佐藤 由理(女川町健康福祉課(保健センター))
    水本 賀文(自衛隊中央病院産婦人科)
    佐久間 敦(厚生労働省医政局指導課救急・周産期医療等対策室)

【サテライトシンポジウム】
■テーマ:「新生児集中ケア認定看護師と感染管理認定看護師のコラボレーション」
■テーマ:「国際小児保健医療協力入門セミナー10周年記念
      羽ばたこう,国際保健医療協力へ」

【特別企画】
■助産師・NICU看護師向け 蘇生に役立つ呼吸・循環セミナー
■Helping Babies Breathe (HBB) マスタートレイナーコー ス